靴(シューズ)とは形やサイズがそれぞれ違い、履く靴によって歩き方が変わります。

当院が採用しているDYMOCOインソールは患者様が普段履いてる靴に合わせて作製するため、そのインソールを色々な靴に装着することができません。

そのため作製したインソールを装着したい靴を当院にお持ちください。


問診を行います。

身体全体の痛めてる部位、普段気になってる症状などすべてお伝えください。

さらに足の問診、視診、靴の状態をみます。

足のサイズ計測を行います。

一般の計測では、立った状態(荷重位)のみで計測しますが、当院では体重をかけない状態(非荷重位)でも計測し、より正確な靴のサイズがわかります。

フットプリンターで足の形をとっていきます。

足のどこに荷重がかかっているかなどがわかり、非常に重要なデータになってきます。

フットプリンターでとったものです(^◇^)

歩行観察を行います。

歩き方は人それぞれ違います。

身体全体の傾きや骨盤の動き、足がしっかり地面を蹴れてるかなどを診ていき、その動きに合ったインソールを作製する上でこれも重要なデータになってきます。

次に来院してもらう間にインソールを作製していきます。

さまざまな形のパッドを貼っていき

場合によっては、❝削り❞をいれて微調整していきます。

次に来てもらったときに一度履いて歩いてもらい、

履き心地や歩き方の変化をみて、修正しながら仕上げていきます。

そのインソールで生活してもらい2~4週間後に

もう一度来ていただき、その変化を教えてください。

修正が必要な場合は修正していきます。

※修正1回800円

 

住道でもインソールにお困りの方はたくさんいてるみたいなのでどなたでもぜひおこしくださいね(^◇^)